クリトリスと膣口、膣前庭を指で攻めるセックス・テクニック。

女性 SEXテクニック
女性

クリトリスと膣口、膣前庭を攻めるセックス・テクニックは指で行う場合と舌を使う場合があります。今回は指で攻めるテクニックについて解説します。クリトリスの愛撫法は練習次第で女性をそれだけでエクスタシーに導く技になります。

膣口を指で軽く叩く。

膣口は小陰唇全体から見ると、最下方に位置しています。

小陰唇が閉じている状態でも、その下端に中指の先端の腹を軽く当てがい、丸く小さく撫でまわしたり、小刻みに震わせたりトントンと軽く叩いているうちに膣口が開き愛液があふれてきます。

じかに膣口に触れる前のこうした間接刺激は、女性にとってペニスをインサートされる直前の期待感のような興奮の高まりを感じ、快感が急激に上昇します。

小陰唇の間を撫で上げる。

女性の快感が十分に高まると、小陰唇は少しずつ開き気味になってきます。

そこで男性は中指1本の指先を使って小陰唇の下端から撫で上げます。

膣口にあふれている愛液をすくってそのぬめりをクリトリスまで伸ばすような要領でやるといいです。

クリトリスをいきなり攻めるのと違って愛液を塗りつけるだけといった瞬間的であっさりした軽いタッチだから効果が上がります。

この愛撫の主要な目的は、クリトリスを刺激することではなく、小陰唇を開きつつ愛液を内性器の端から端まで引き伸ばすことです。

というのも女体が性的な興奮を得ることによって、はじめて分泌する愛液はバルトリン氏腺という膣口の両側にある小さな分泌腺から出てきます。

それはペニスを膣に挿入する際の潤滑油の働きをします。

近くに分泌腺のない膣前庭やクリトリスにもバルトリン氏腺液を引き延ばすことによって指先の摩擦刺激を滑らかにする目的です。

小陰唇に中指を挟んだまま手のひらを振動させる。

中指を小陰唇の内側に当てがったまま、人差し指と薬指を閉じて小陰唇を外側から挟む。

手のひらの中央にクリトリスがあり、2枚の小陰唇を人差し指と中指、中指と薬指の間にそれぞれ1枚ずつ挟んでいるという形になります。

この状態で、手のひらを小刻みにバイブレーションさせると内性器全体に刺激が行きわたり、女性に安定した快感を与えることができます。

また、この手の形にまま、手を上下左右、円状に2cmほど動かし、女性器全体を押し揉むような愛撫も効果があります。

クリトリスを指で囲んで振動させる。

前に紹介した手の形のまま、指先をクリトリスまで移動させます。

人差し指と薬指の指先でクリトリスの両側を押さえ、中指を浮かせてクリトリス上に軽くあてがうといった状態をつくります。

この形で 人差し指と薬指 を固定してバイブレーションさせます。

中指は膣口からたっぷりと愛液をすくい、わずかにクリトリスに触れている程度のソフトな状態で刺激するのが理想的。

このテクニックは熟練すれば、クリトリスの両サイドと先端を同時に刺激するため極めて確実ないかせ方のテクニックになります。

まとめ。

今回は「クリトリスと膣口、膣前庭を指で攻めるセックス・テクニック。」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました