パンティーを脱がす前の女性器の愛撫方法7選。

スマホを操作する女性。 SEXテクニック
スマホを操作する女性。

女性はセックスを期待しているデートの時、相手に見られてもいいパンティーでおしゃれをしてきます。

パンティーを脱がせる前に、刺激的な女性器へのアプローチがあります。

それをしないで、いきなり脱がしてしまうとお互いの快感をより深く味わうチャンスを逃すことになります。

下着を褒めながら恥丘を撫でる。

女性の耳元に、「可愛いパンティーだね」とか「セクシーな下着は似合うよ」などとささやきながら、股間に手を伸ばし、恥丘の盛り上がりを指先で丸く撫でまわす。

また、そこに軽くキスをするてもあります。

手のひらで股間を揉みしだく。

手のひらで女性器全体を覆い、丸くさすったり、指先に少し力を入れてゆっくりと揉んだりする。

また、中指だけを折り曲げ、指の腹で膣口を丸く撫でたり、トントンと軽くたたく。

クリトリスのあたりを人差し指と中指で挟むなど、パンティーの中身を想定して可能な限りの愛撫を行う。

パンティーの横から指を入れる。

パンティーの両サイドの隙間から中指だけを侵入させ、陰毛やクリトリスの包皮、小陰唇などをさりげなく撫でまわす。

パンティーの上の入り口から手を侵入させてもそれなりに刺激的ですが、やはり横の隙間からという意表を突く行為にはかなわないでしょう。

パンティーラインに舌をはわせる。

パンティーラインというのは意外に敏感なもの。

そのラインに沿って舌先をちょろちょろ這わせると、のけ反りかえって身もだえする女性もいます。

一度そこをなぞったら、今度はパンティーラインを指で摘まみ、その少し内側を舌先でなぞります。

爪先でパンティーをワレメに食い込ませる。

女性器のワレメに親指以外の4本の指の指先を縦に並べて置くか、または中指1本だけをピッタリはまるようにあてがい、パンティーが割れ目に食い込むように上下させる。

一見すると男性の楽しみのようですが、パンティーごしの柔らかな刺激だけに、女性の快感もかなりのものです。

ペニスをワレメにあてて横に揺さぶる。

先ほどできたパンティーの食い込みに勃起したペニスをピタリとあてがい、押し付けたまま左右に腰を振る。

女性は痒いところに手が届かないような、もどかしさのために欲情し直にペニスが欲しくてたまらなくなる。

男性もブリーフやトランクスをはいたままでもかまわない。

パンティーを絞って割れ目に挟む。

パンティーの中央を両手でよじって細くしそこを小陰唇に挟み込む。

そうすると小陰唇がはみ出した、恥ずかしい状態でパンティーが食い込んでいる格好になります。

男性がひも状になったパンティーの両側を持ち、クイクイと引っ張れば女性器が圧迫され、破廉恥な興奮状態になります。

まとめ。

今回は「パンティーを脱がす前の女性器の愛撫方法7選。」というテーマでお送り致しました。

関連記事

女性器周りのセックステクニック記事

陰毛・恥丘を愛撫するセックステクニック。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] 「パンティーを脱がす前の女性器の愛撫方法7選。」 […]

タイトルとURLをコピーしました